借金に苦しんでいてなんとかしたいと思っていて任意整理はどうかと検討している方いますよね?借金に苦しみ任意整理はどうかと検討している方、任意整理後でも住宅ローンや車のローン、クレジットカードを持つことは可能です。

任意整理しても住宅ローンを組むことができます!

任意整理とは

消費者金融と同じ銀行グループで住宅ローンを組まないこと

投稿日:2015年5月29日 更新日:

任意整理などの債務整理の手続きをすると信用情報にブラックの情報が登録されてしまうので、住宅ローンを利用することができなくなってしまうことが多いですが、任意整理の手続きをした後、登録されたブラックの情報のネガティブな面を少しでもプラスの評価をさせることによって、住宅ローンを利用できるようにすることができます。

 

どのようにしてするのかというと銀行口座を開いて預貯金をすることによって信用をつけることです。

 

またこれと同時に仕事を頑張って収入をアップさせ、なおかつ勤続年数も長くすることによってローンの審査を通りやすいようにすることができます。

 

しかし現在において消費者金融と銀行は提携をしてグループ企業として活動しているところが多いので、この点は十分考慮する必要があります。

 

消費者金融と銀行のグループ関係について考慮すること

 

消費者金融と銀行は金融会社同士のグループになっているということは消費者の情報もそれだけ相互に手に入れやすいということになります。

 

例えば消費者金融会社でキャッシングやカードローンのサービスを利用してお金を借りた場合において、返済ができなくなって任意整理をした後、その消費者金融と同じグループに属する銀行に預貯金をして信用をつけようとしても、ネガティブな情報が漏れてしまう可能性があります。

 

そのため債務整理をした貸金業者とは別グループの銀行系を利用して預貯金をして信用をつけることが大切です。

 

また銀行系カードローンを利用していて、債務整理をした人もその銀行以外のところを利用する必要があります。

 

そして消費者金融業者と銀行がグループとなっているのは多くの人から知られている大手消費者金融と大手銀行です。

 

大手消費者金融と同じ銀行グループなのはどれ?

 

大手消費者金融と同じ銀行グループの具体例としていくつかあげられますがまずアコムは最大手の銀行である株式会社三菱東京UFJ銀行が属する株式会社三菱UFJフィナンシャルに属しています。

 

次に三菱東京UFJ銀行とならぶ最大手の銀行である三井住友銀行のグループにプロミスとモビットがあります。

 

さらに最近よく名前が知られるようになった新生銀行グループにはレイクが属しています。

 

そのため預貯金をして信用を上げようとする場合において、アコムを相手に任意整理をした場合は三菱東京UFJ以外の銀行、プロミスやモビットの場合であれば三井住友以外の銀行にするようにしましょう。

 

そしてみずほ銀行やりそな銀行などの大手銀行、楽天銀行やイオン銀行などのネット銀行は大手消費者金融とグループ化していないので、預貯金をするのであればおすすめです。

-任意整理とは

Copyright© 任意整理しても住宅ローンを組むことができます! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.