借金に苦しんでいてなんとかしたいと思っていて任意整理はどうかと検討している方いますよね?借金に苦しみ任意整理はどうかと検討している方、任意整理後でも住宅ローンや車のローン、クレジットカードを持つことは可能です。

任意整理しても住宅ローンを組むことができます!

任意整理とは

旧姓名義での任意整理は可能ですか?

投稿日:2015年4月22日 更新日:

女性が結婚をした後任意整理をしようとする場合において、なるべく夫に知られないように旧姓名義で手続きを進めたいと考えている場合、女性が旧姓名義で任意整理の手続きをすることは可能なのでしょうか?

 

旧姓名義で任意整理することは可能です

 

結論から述べると旧姓名義での任意整理の手続きをすることは可能です。

 

なぜ可能なのかというと借入先の金融機関は利用者を契約時の氏名、住所、生年月日、契約番号などで特定して管理をしているので、その後結婚をして姓が変わっても問題ないからです。

 

また任意整理の手続きをするにおいても、借金をしている各金融機関に通知をすることになるのですが、この場合においても契約時の氏名、住所、生年月日で特定することになります。

 

そして任意整理の手続きを開始する場合だけでなく、その後もこのような状況で手続きをすることが可能かどうかですが、基本的に債権者側は債務者が返済を滞ったりするなど何か問題を起こさなければ郵便を出したり、所在を調査をすることはないので、知られないで手続きをすることはできます

 

絶対に知られたくなければ専門家に手続きをお願いしよう

 

自分で任意整理の手続きをする場合にはどうしても債権者側と書類のやり取りをする必要があるので、最後まで結婚をして姓が変わったということを知られないようにするには厳しいところがありますが、弁護士や司法書士などの専門家に依頼をすることによって解決することができます

 

なぜなら専門家に依頼することによって、やり取りをした書類はすべて専門家の事務所に郵送されるので、住所や姓が変わったということを知られることはないからです。

 

また専門家は過去にたくさんの任意整理の手続きの経験があるので、このようなケースに関するいろいろなノウハウを持ち合わせています。

 

そのため絶対に知られたくなければ専門家に任意整理の手続きをお願いするのがいいと言えるでしょう。

 

また手続きをお願いする際には結婚して姓が変わったことを知られたくないとい旨を伝えておくことが大切です。

-任意整理とは
-

Copyright© 任意整理しても住宅ローンを組むことができます! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.